Bunkamuraのドンジョバンニ

昨日
Bunkamuraで6月3日まで上映されている
ドンジョバンニを見てきました音符音符
感想は
まず、ダ・ポンテ役の方
めっちゃかっこいい!!
目力が素晴らしいドキドキドキドキ
もう終始ドキドキしちゃいました。
ずっとドキドキしっぱなしで、その日は映画みたあと、自分のエネルギー使いすぎて
ぐったり疲れちゃったぐらいあせるあせる
なんなんでしょうか?あのセクシーさ。
まさにドンジョバンニの生き写し~ドキドキドキドキ
あの目力だと
ころっと惚れちゃいますね。絶対!!
ちょっとアップになったときに、お肌がカサカサしてるのが気になったけど。まあ当時の衛生面を考えるとあんなもんかなあ
相手役のゼルリーナモデルになった
アンネッタ役の人も吸い込まれるほど美人でしたドキドキ
う~ん、目の保養になりましたキラキラニコニコ
ダ・ポンテの人生や恋愛を通して、ドンジョバンニがどの様に作られていったのか
とても興味深く描かれていて
ダ・ポンテやドンジョバンニのオペラへの理解がとっても深まり
めちゃめちゃお勉強になりましたニコニコキラキラ音符
皆さん、オススメですよ~晴れキラキラ
モーツァルトやドンジョバンニ好きは是非見に行ってみて下さい。
ますますゼルリーナ役を一本通して演じたくなりました音符音符
アンディアン音符アンディアン音符
ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い
IO,DON GIOVANNI
監督:カルロス・サウラ
出演:ロレンツォ・バルドゥッチ リノ・グワンチャーレ
    エミリア・ヴェルジネッリ
2009年/イタリア=スペイン/127分
配給:ロングライド
オペラの傑作《ドン・ジョヴァンニ》の誕生を支えたもう一人の天才、ロレンツォ・ダ・ポンテ。彼に焦点を当て、モーツァルト、ジャコモ・カサノヴァ、アントニオ・サリエリをはじめとした多彩な登場人物とともに、その誕生の秘密が解き明かされる―。
舞台は1781年のウィーン。背徳行為に因ってヴェネツィアを追放されたダ・ポンテは友人カサノヴァの紹介でサリエリと出会い、そして新進作曲家モーツァルトと出会う。イタリア語のオペラ制作に意欲的なモーツァルトの台本を任されたダ・ポンテは、稀代の色男“ドン・ジョヴァンニ(ドン・ファン)伝説”に新たな視線を投げかける。オペラの主人公同様に、数多の女性を虜にした自らの愛の体験を反映して音符


ソプラノ歌手・佐藤智恵のメールマガジンにご登録下さい

b925f73332352ff56f27ef5379f634fc_s


10 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    「METライヴ・ビューイング」ではないんですね?
    文化村以外でもやっているのかな?見てみなきゃ。
    情報ありがとうございます。

  • SECRET: 0
    PASS:
    私も楽しみました。イタリア語のよい勉強になりました。ダ・ポンテの人とてもすばらしい演技で格好いいですよね。
    アドリアーナ・フェラレーゼ役で出演しているのは、なんとソプラノのKETEVAN KEMOKLIDZE。スカラ座などで活躍しているソプラノ歌手です。トリノ・レッジョのフリットリ主演の「タイス」dvdでもでている方です。歌唱も演技もピカ一で大変素晴らしかったです。オペラ歌手として活躍する一方で、映画初主演女優としてもオーラを放ち、輝き満ちていました。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >Ogacciさん
    へえ、そうだったんですね。はい、素晴らしかったです。またお勉強になりました。いつもありがとうございます。

  • SECRET: 0
    PASS:
    アタシも行ってみる~~~♪
    ありがとう( ´艸`)
    って行く暇あるかなー!行きたいなー!!

  • SECRET: 0
    PASS:
    >我孫子の若宗匠さん
    Bunkamura以外は銀座テアトルシネマで10:30/13:10にやっています。
    ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い 公式ホームページでも公開している劇場の情報が載っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA