東京音楽大学夏期声楽特別セミナー 受講者演奏会出演しました

8月24日と25日にわたり、東京音楽大学夏期声楽特別セミナー  を受講してきました。

フランス歌曲の公開レッスンや、第九を深く掘り下げながら皆で歌う、合唱講座

コルペティレッスンに、教授のレッスン、

そして最後は受講者演奏会も出演して、盛りだくさんの充実した2日間でした。

学生に戻った気分になれて、楽しかったです。

コルペティレッスンでは、だいぶこなれてきたと思っていたイタリア語の発声を細かくご指摘され、

おお~~、一番なれているイタリア語で、まだまだこんなにあやふやなところがあったとは!!

と、目からうろこでした。

釜洞先生のレッスンでは、いぜんから憧れてた

 夕鶴の  与ひょう、体を大事にしてね。  を、

日本オペラのスペシャリストの発音と発声を、ご指導していただきました。

このアリアはちょっと、まだまだ、時間がかかりそうですが、課題がたくさんあるぶん、勉強しがいがあります。

大切に暖めながら勉強したい。

受講者コンサートは、100人の受講者のうち、演奏したのは12人で、まわりは長年お勉強されてる、ベテランのお姉さまたちばかりでした。

わあ、私混じってだいじょうぶかしら。。

とか思いながらも、せっかくだし、全力をつくして望みました。

曲は  ドニゼッティ 作曲

RITA(リタ)の  Van la casa l’albergo   (家も宿屋もうまくいってるわ)

という、勝気で、優しい夫をうまく扱っている、リタという女性が、今の生活にとても満足している様子を、楽しく歌う曲です。

まだまだ、発声が発達段階で、うまくいかないところや、

昨日レッスンでご指摘いただいたところがきちんとできなかった部分もありますが、

昨日のレッスンの中での伴奏合わせだけで望んだにしては、健闘出来たと思います。

卒業して、なかなか先生の前で本番を迎えるということは難しい中、釜洞先生に本番を聞いていただき、

かわいかったわよ~

表現したい気持ちが伝わってきたわ。

後はだいぶ良くなってきたけど、発声がもうすこしね。またレッスンでがんばりましょう!

といっていただきました。

また次のよりよい演奏に向け、燃えてます!!

今日のお衣装  またピンク~~!!

佐藤智恵のブログ-090825_1608~01.jpg


ソプラノ歌手・佐藤智恵のメールマガジンにご登録下さい

b925f73332352ff56f27ef5379f634fc_s


4 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    あの、瀬戸内寂聴さん作オペラ「愛憐」を
    思い出しました。
    字が違っていたかな・・?
    経種廉彦さんのテノールと素晴らしいデュエットを
    今でも耳に残ります。
    素晴らしいですね、釜洞先生に教わるなんて!!
    また、実力アップですね、智恵さん。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >うたぴよさん
    愛れん観ました!
    漢字私も自信ないので、ひらがなで(笑)
    先生の影響で、日本のオペラや歌曲もっと勉強したい。
    先生みたいに自然に、繊細に日本語を表現したいと思うようになりました!
    今も月1で通ってます☆頑張りますo(^-^)o

  • SECRET: 0
    PASS:
    >伊藤真矢子さん
    普段はSでもMでもないつもりですが、大好きな濃いピンクを着ると、
    一気に勝ち気なリタに気持ちが変身できるから不思議ですよねo(^-^)o
    先生がレッスンで歌ってくださるたび、贅沢で幸せな気分になります♪
    これからもレッスン頑張ります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA