オペラ 神風 演奏会

三枝 成彰 さん 作曲の 世界初演 という
日本オペラ界にとって記念すべき公演でした。音譜
9列目というとても良いお席で堪能(´∀`)恋の矢
いやー、それにしても難しそうでした。叫び
素晴らしい作品でしたが、歌手泣かせの
レティタティーヴォ(会話のような部分)
の旋律と和音構成だなあと思いました。
対比されてアリアはとても美しく
1部の2重唱は特に一番詩と音楽が
合っているように感じ、ぐぐぐぐっとハートに来ました。ドキドキ
演出もシンプルですが効果的でよかったです。合格
最近オペラのプロデュースするようになって
いろんな角度から作品を鑑賞できるようになって
ちょっと疲れるけど(笑)、楽しいです。アップ
お誘いいただいた清水さんに
終演後には指揮の大友直人さんに
お花をお渡しし、2ショット写真を
撮らせていただき、感無量(´∀`)へへへええ。ラブラブ

photo:01



三枝さんにもお渡しできる
手配をしてくださっていたのですが
フィガロの稽古があったので
時間的に泣く泣く退散。汗ガーン
次回のイベントで
リベンジを狙います(*^_^*)ひらめき電球
名だたる大手企業が協賛されていて
有名人もたくさん来られていました。
グループ写真の真ん中の方は
作曲家 東海林 良さんです。

photo:02



記念すべき公演に参加できて
色々大変勉強になり光栄に思います(^-^)ドキドキ
iPhoneからの投稿


ソプラノ歌手・佐藤智恵のメールマガジンにご登録下さい

b925f73332352ff56f27ef5379f634fc_s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA