尚美学園大学のフィガロの結婚

昨日は
北千住I○I○ホールに尚美学園大学主催 モーツアルト作曲
歌劇『フィガロの結婚 』
を見に行きましたニコニコ晴れキラキラ
今年予科で勉強したシーンばっかりで、本当に勉強になりましたニコニコ音符キラキラ
今までフィガロって、どこかで必ず眠くて沈没してたんだけど
寝なかった!チョキ目グッド!
澤田先生の演出、わかりやすくて楽しくて、モーツアルトの意図が良く伝わってきました晴れ音符
そして一番勉強になったのは 大隅さん演じる スザンナ目
動きが時々ピョコピョコして面白不思議な所もあったけど
声、響きの美しさ、技術の高さが、突出して、心地よく耳に届きます。
全員でアンサンブルしてても、大隅さんの声は、いい意味で色が違って聴き取れちゃう。
凄いなあ。本当に勉強になりました晴れキラキラ
腰越さんも気品と威厳があって美しかったですドキドキドキドキ
昔は魅力が良くわかんなかった伯爵夫人のアリアも
言葉と内容と音楽が一体になって、伯爵夫人の悲しみや切なさが胸にしみてきて、
女性として色んな経験をすればするほど、解る曲が出てくる
って釜洞先生がおっしゃっていたのを思い出しましたニコニコキラキラ
あとはやっぱり勉強すればするほど、オペラって楽しめるって実感目晴れ
もっと沢山の人に オペラの楽しさを感じてもらいたいですニコニコ晴れドキドキ


ソプラノ歌手・佐藤智恵のメールマガジンにご登録下さい

b925f73332352ff56f27ef5379f634fc_s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA