誕生日パーティーコンサート 出演者紹介④ ピアノ 琴香さん

チラシには掲載されておりませんが
急きょ出演してくださることになった
素晴らしい実力の持ち主の
大型新進気鋭のピアニストをご紹介させていただきます。

IMG_6098

琴香さんは、10月13日 尾形記念木曜コンサートで
東京芸術大学出身実力派トリオとして
ソプラノ 大音絵莉さん、テノール 安保克則さんと一緒に
イタリアオペラと日本語の曲の伴奏やソロ曲を
演奏して下さることにもなっており、
そちらもとても楽しみにしています♪

日本語の曲の中には佐藤智恵のオペレッタコーナーもありますよ♪

プロフィール

静岡県浜松市出身のピアニスト・朴琴香は、5歳よりピアノを始め、東京芸術大学附属音楽高等学校を経て、2014年に東京芸術大学を卒業する。

大学在学中に横浜国際コンクールにて優勝を果たし、副賞にてパリ・エコールノルマル音楽院に奨学生として留学する。

1年後、審査員満場一致の席次上位でディプロマを取得し、その後、2016年に韓国芸術綜合学校修士課程を修了する。

若干11歳にして、ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団と共演し、その後、堺国際ピアノコンクールにて第1位、ショパン国際コンクール in Asia 銀賞、全日本学生音楽コンクール第2位、第4回北本ピアノコンクール第3位及び実行委員長賞等、数々の国際・国内コンクールで優勝・入賞を果たしている。

また、室内楽の活動にも力を入れており、2016年、室内楽グループ「Trio Ficus」を結成し、ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクールにて第1位入賞を果たす。

日墺文化協会やシン・ムジカ、meets music等の主催のもと、ソロや室内楽のコンサートを行い、2012年には、第36回全国育樹祭にて皇太子殿下の御前で演奏をし、2016年5月には、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに参加した。

2011年~2012年に、国立音楽院にてピアノ講師を務める他、留学経験を生かし、音楽関連の通訳等も行っており、演奏・指導・通訳等、多角的に活動を行っている。

これまでに、服部浩美、 播本枝未子、御木本澄子、多美智子、エリック・ベルショ、江口玲、キム・デジンの各氏に師事。

現在、静岡県や関東を中心に演奏活動を行っており、洗足学園音楽大学準演奏補助要員や、「Trio Ficus」のメンバーとして、活躍している。
横浜国際コンクールにて優勝、
ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2016にて優勝

IMG_6100


ソプラノ歌手・佐藤智恵のメールマガジンにご登録下さい

b925f73332352ff56f27ef5379f634fc_s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA