岡山のホームレッスン

先生のレッスン受けてきましたチョキキラキラ
今日はそんなにガンガンには怒られなかったけど。
前回発声と身体の使い方(下腹の支え)が弱いと、発声のことをかなり言われたので、それを治すよう集中して歌っていたら
声のことばっかり気にして、音楽のこと、伴奏のことをちっとも考えてないし、聴いてないわね
といわれ、はうぅ~!!あせる
普段、いかに何も考えていないかって、実感させられてしまいました。
ただ声がよければいい、ただ自分の感情をこめればいい
それでは通用しないのです。
声楽って体力も知性も感性も全てとっても必要で、深い伝統によって研ぎ澄まされている崇高なものだと思うキラキラ
だからこそ、一生かけて磨いてゆく価値があるし、愛してやまないものなんですねドキドキ
いつも音楽・歌から自分自身を教えられますニコニコ
勉強できる幸せと感謝をかみしめながらクローバー
いつもレッスンが終わったあと立ち寄る、先生のおうちの近くの落ち着ける高台からの景色です
佐藤智恵のオフィシャルブログ-SN3J0059.jpg


ソプラノ歌手・佐藤智恵のメールマガジンにご登録下さい

b925f73332352ff56f27ef5379f634fc_s


3 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    「あちらを立てればこちらが立たず」というのでしょうか、お中で歌う事に集中すると、音楽の流れを忘れてしまうし、流れを考えるとその逆になってしまう。
    ピアノでも同じです。
    一音一音のタッチを大切にすると、音楽の流れが止まってしまうし、逆にメロディーを意識して流すだけだと、一音一音の扱いが雑になってくる。
    音楽の演奏って難しですよね。
    お互い頑張りましょうね( ̄▽+ ̄*)

  • SECRET: 0
    PASS:
    >我孫子の若宗匠さん
    そして私はもっと楽譜を読む作業をして、音楽の進む所、緩む所、歌詞の扱い方、息のコントロールの仕方など、頭に入れた中で歌わないとなあと思いました

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA