ドン・カルロ

13日に ミラノ・スカラ座のドン・カルロ を見てきました!

更新ずれててすみませんあせる

フリットリの演奏が、なんといってもやっぱり、やっぱり素敵でした!!音譜

ドラマチックなんだけど、やわらかっくて、すみすみまでここちよいのです。

そして高貴さとせつなさが同居して、みごとなエリザベッタでした。ラブラブ

4幕のアリアはほんとうに難しいのにすごい!圧巻h目

ほかにフィッリッポ2世のルネ・パーペの知的で威厳があって、地を這うような低音や

オデオリーゴの丹精で、友や王や王妃のことを考え、間でなやむ繊細さや、男としてのりりしさは、とてもかっこよくしびれました。恋の矢

ちょっと、テノールのドン・カルロが調子が悪いのか、苦しそうに歌ってて、残念。叫び

やっぱりスカラ座とはいえ、テノールは難しいのかなあ。

フロ


ソプラノ歌手・佐藤智恵のメールマガジンにご登録下さい

b925f73332352ff56f27ef5379f634fc_s


4 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    先日NHKでドンカルロを放送してたけど、
    演出が私好みじゃなかったので、
    しょっぱなからみるのを挫折しまして、
    一応録画したけれど、
    一幕の途中まで見て、消去しちゃいました。

  • SECRET: 0
    PASS:
    先日NHKでドンカルロを放送してたけど、
    演出が私好みじゃなかったので、
    しょっぱなからみるのを挫折しまして、
    一応録画したけれど、
    一幕の途中まで見て、消去しちゃいました。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >我孫子の若宗匠さん
    そうなんですね
    どんな所が好みじゃなかったのですか?
    わたしは演出についてはまあ普通かなと思いました。

  • SECRET: 0
    PASS:
    智恵さんおはようございます。
    智恵さんがご覧になった公演への評が
    おととい15日の読売新聞夕刊の
    「クラシック・舞踊」面に掲載されていました。
    この公演の好みじゃなかった場面とか、
    この記事のことも含めて、詳しいことは、
    「メッセージ」の方に書きますので、
    そちらをご覧ください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA