ルクセンブルク伯爵への思い

こんばんは(^O^)
最近 2014/1/21・22に行われる
オペレッタ「ルクセンブルク伯爵」の記事を
沢山書いていますが
何故そんなに熱心なのか?
それは前回2013/3/16・17 
Musica Celeste  第6回本公演
「フィガロの結婚」
での
悲劇からどうしても
今回は成功させたいからです!!
と言っても前回の公演は団体として
初めてのフルオーケストラによる
初めての全幕オペラ公演として
異例の満席AND黒字公演として
大成功を収めました。
{3A59954C-E799-4B5C-BA03-66F65ED4CB3B:01}
{1F55C440-0BAA-4329-9F36-9AF09DECE385:01}

29歳にしてこのプロジェクトを
主催者として成功に導いたと
お客様は高く評価してくださいました。
{8CB9D65F-A1B3-469A-9020-D24E6B7201AB:01}

しかし、私は準備も練習も
本格化してきたちょうど昨年のこの時期
急な病により入院をし
全身麻酔の手術を2回受けました。
なんとか回復して
2月から練習に復帰するも
代表として主役として
本番の舞台に立つことを
ギリギリに断念致しました。
楽しみにご来場下さった
お客様に本当に申し訳なく
また周りにも迷惑をかけてしまったことが
本当に申し訳なく情けなく
一年半かけて全精力を捧げて準備した
舞台の袖で泣きながら
出演者が舞台に立つのを私は立っていることも出来ず
うずくまって見守っていました。
本当に本当にこの世の終わり
のように感じました。
世の中に私は一人ぼっちで
誰も味方はいないのではないかと思いました。
何のためにがんばってきたのだろう??
もう代表なんて辞めたい。
私にはオペラを主催する資格はない。
本当にフラフラでした。
トラウマも深く刻まれました。
でもローランド芸術文化振興財団様が
私の企画を評価してくださり
助成してくださるお話を頂きました。
私の歌と舞台を愛し、
楽しみに待ってくださる
お客様がいらっしゃいました。
そばで支えてくれる家族や
志を共にし賛同してくれる仲間がいました。
私は皆様から沢山の愛とパワーを頂き
再びルクセンブルク伯爵という
日本語で分かりやすく皆が楽しめ、
オペラ・オペレッタの魅力を
存分に伝えられる素晴らしい作品を
コツコツ一つづつ
まるでパーツを積み重ねていくように
創っていけています。
日々感謝しながら
一日一日大切に公演まで
そしてその感謝を
素晴らしい舞台を作り
また興行としても大成功させ
お客様に、関係者様に
恩返しがしたいです!
共に舞台を体感し
復活を成功を喜んでいただけたら。
私はその思いで一年間
突っ走ってきました。
いつもお見守りくださり
本当にありがとうございます。
舞台上でお会いできると嬉しいです(^-^)
{25C5F891-9083-4D33-841B-11AEA924CB4D:01}

{EAA6B565-D59D-4828-8E2F-E8E3F009E7B1:01}


ソプラノ歌手・佐藤智恵のメールマガジンにご登録下さい

b925f73332352ff56f27ef5379f634fc_s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA